55の手習い

55歳を過ぎた筆者が色んな事に挑戦する日誌です

納車5日目にドアパンチ(泣)

まだ納車たったの5日目なのに、もうクルマが凹んでキズが入りました。

近所のラーメン屋「穂乃華」でお昼を食べたあと、カミさんが助手席側が汚れていると言います。
帰宅途中でスーパーに寄って、降りてよく見ると、ドアに白い線が入っています。白いドアが当たった跡です。
指で擦ってみると塗料や汚れは若干落ちるものの、線状に凹んでいます。
また、ちょうどキャラクターラインのところが小さく凹んでいました。

遠目には分からない程度ですが、近づくと明らかに凹みが見えます。
マジか!?(泣)

f:id:nomyg:20220118212841j:plain

ドアパンチされた

ラーメン屋で周囲にクルマのいない奥に留めていたのですが、少しすると隣に商用バンの白いプロボックスが停まっていました。
戻って来たらそのバンは助手席にだけ男が乗っていて、黒っぽい作業着のようなものを着てスマホを見ていました。
ちょっと不審には思ったのですが、スルーしてしまいました。
恐らくそいつが犯人だと思います。

帰宅してドラレコを見てみました。
我々が立ち去った後に、助手席に居た男がドアを開けて出て来ているのが映っていました。
恐らく、ドアを不用意に開けてぶつけた自覚があったのでしょう。
それで、店内から見られていたかもしれない、防犯カメラが残っている、などと思って、逃げずに残っていたのでしょう。
しかも、運転席にいたら咎められると考え、助手席に移って様子見をしていたのだと思います。

我々が戻って来た時に、声を掛けるでもなく、謝るでもなく、息を殺して様子を見ていたのです。タチの悪い奴です。フザケんなよ。
こんな奴は絶対にどこかでバチが当たります。もっと酷い目に合います。絶対。

私もその場でちゃんと調べて、声をかけるべきでした。
大丈夫だろう、とその場を立ち去ってしまいました。
悲しいです。こんなことでケチがついて愛車がキズモノになるなんて。

f:id:nomyg:20220118213652j:plain

ドラレコには映像が残っていて、恐らくナンバーも判読出来ます

ドラレコの映像は保存してあるので、後でファイルを引き上げて警察に提出しようかと思っていますが、警察がどこまで相手をしてくれるか。
とりあえず相手のナンバーは判読出来そうです。
でも、不毛だし労力がバカにならないですよねえ。

もう、ガックリです。飯も喉を通らないくらいガックリしました。
買ったばっかりなのに。。。

それで。
修理出来ないものかと調べてみたところ、板金修理、ドアパネル交換、という従来の手法で15万~20万円といったところみたいです。
さらに修復歴が付いてしまいます。新車なのに。ドアパンチ程度のことで。
クソったれな話ですが、カミさんは「直したら」と言ってくれています。

でも「デントリペア」という手法で修理できるかもしれないというのが出てきました。
小さな凹みであれば、なにやら鉄板を叩いたり押したり引っ張ったりして修復することが出来るという手法だそうです。
しかも、板金より安いみたい。

YouTubeにたくさん動画が上がっていました。


www.youtube.com

これなら塗装もせずに済みます。コーティングを一部補修すれば良さそう。
動画など色々見てみると、私の場合ようにキャラクターラインのところの凹みを見事に叩いて修復していました。
かなりの凹みも綺麗に治っていました。

これはイイかも!?ちょっと気持ちが明るくなってきました。
栃木県だと、宇都宮や小山に専門業者があるようです。
明日、さっそく連絡してみようと思います。うまく治ると良いのですが。

 

皆さんもドアパンチや事故には気をつけてください。
駐車場などに停めた時は、出発前に必ずぐるっと一周してキズや凹みの点検をする習慣をつけた方が良いですね。
たとえ犯人を見つけたとしても、その後の事を考えたら色々大変で面倒になるかもしれません。

多少遠くても周囲にクルマのいないところに停めた方が良いです。
隅っこの片方が壁になってるところに停めればリスクが減ります。
汚いクルマとか、仕事クルマとか、乱暴な運転のクルマの近くには停めないように気をつけた方が良いです。
これからは気をつけよう。

まあ、ケチの付き方が人身事故などじゃなくて良かったです。

♪今日のBGM
悲しみの略奪者 / Marchosias Vamp

Marchosias Vamp 20 PV - YouTube

 

 

新しい相棒が来ました

スバルXVが納車されました。そして、BMW X3とお別れしてきました。

昨日から風がビュービューと冷たい日が続いていますが、天気は快晴。
しかも大安ということで、本日納車です。

X3と最後に写真を撮りました。
10年間で12万キロ、大きなトラブルも無く、よく走ってくれました。
2500ccの直列6気筒エンジンは今でも元気に回りますし、ビルシュタインのショックアブソーバもまだまだ好調。
荷物を満載してパラグライダーの大会などで西へ東へ、あちこち行きました。
高速道路がラクチンなのは、さすがドイツ車という感じでしたね。

ドアミラーとCDチェンジャーが壊れていますしナビも使いにくい。電装品は全体的に弱い感じがします。現行型は良くなっているようです。
あと、そろそろブレーキパッドとローターが部品交換の時期です。
クルマ全体としてはまだまだ元気ですが、私も残り少ない人生。クルマか人間が致命的に壊れる前に、最新式のに乗り替えることにします。

f:id:nomyg:20220114184257j:plain

10年間ありがとうX3

クルマで10分のところにある栃木スバル小山店へ。新しい相棒を引き取ってきました。
スバルXV 2.0 e-L SmartEdition。目を引く鮮やかな青です。
今まで地味だったので尚更派手に感じますが、せめて気持ちだけは若々しく行こうと思います。

スバルと言えば何と言ってもアイサイトです。
ディーラーで担当の方に1時間くらい説明を受けました。もう、山ほど色々な機能がテンコ盛りに付いています。
新しいオモチャがいっぱい。しばらくは楽しめそうです。

f:id:nomyg:20220114183859j:plain

よろしく相棒

カミさんと少しドライブしてきました。

エンジンは2000ccのe-BOXERマイルドハイブリッドです。
基本的にエンジンで走り、加速時はモーターのアシストで元気良く走ります。負荷の小さな平坦路や下り坂ではモーター走行します。
総じて、大人しく走る私には十分過ぎる性能です。
モーターからエンジンへは、ちょっと段のあるワザとらしい切り替わり方をしますね。ハイブリッドの機構のスムーズさはトヨタの方が洗練されていると思いました。

足回りはしっかりしているように思います。でも、固いということも無いと思います。
このe-Lグレードだと17インチの60扁平タイヤになるので大人しい印象ですが、18インチのAdvanceに試乗した時もバタバタしたところは感じませんでした。
比較的静かなクルマです。ロードノイズは小さい方かな。エンジン音を含めX3とは違う外部音が入って来る感じです。

このクルマは値段のわりに機能も作りも充実していて、内装も高級感があると思います。価格帯満足度が高い。
ピアノブラックのところは「スマホまもるくん」を塗りました。

さっそく給油しましたが、レギュラーガソリンだし、48リットルしか入らない。
燃費も前より良いはずなので、ガソリン代は安くなるはず。

ETCカードも入れたので、明日は早起きしてドライブしてこようと思っています。
まずは上限4000rpmまでで1000km、慣らし運転です。1ヵ月で達成できるかな?

 

帰りに、小山のジパング軒でお昼を食べてきました。
前より二郎色が濃くなっていて、でも肉が小さくなっていました。年寄りには脂がキツいかなあ。お気に入りだったのに残念。

f:id:nomyg:20220114183615j:plain

久しぶりのジパング

帰宅して、新しいクルマの操作を色々試したり、買っておいた用品を設置しました。
カーゴトレイは若干オーバーサイズ気味ですが、まあ許せる範囲でしょうか。とりあえずは切らずに使ってみます。
各収納スペース用のマットも入れました。ゴム製のようなので、夏にベタつかなければ良いのですが。
キーケースも付けて、とりあえず完成です。

f:id:nomyg:20220114184034j:plain

カーゴマット

♪今日のBGM
Shoot To Thrill / AC/DC

AC/DC - Shoot to Thrill (Live At River Plate, December 2009) - YouTube

 

 

白菜どうやって食べる?~今日の家庭菜園

蒔き遅れた白菜やキャベツが、あまり大きくならないまま収穫期を迎えています。

とはいえ、大きいものから順に採ってみると、意外に良い出来だったりします。
切って虫が無いことを確認すると、中は黄色くなって美味そうです。
小さくても意外にボリュームがあって、家族で食べるとなるとけっこう大変かも。

f:id:nomyg:20220112211807j:plain

小さな白菜2つ

とりあえず、YouTubeにあった塩炒めを作ってみることにしました。
多めの油で炒めた後にお湯で茹でるのだそうです。
炒めた後に茹でる?ってのが不思議でしたが、作ってみました。

【無限白菜】塩と油と○○だけ!野菜炒めの極意教えます!中華料理の技法で仕上げる『白菜と塩だけの炒め物』の作り方!これぞ引き算の美学!【白菜の塩炒め】【大量消費】【本格】【アレンジ】Vol.247 - YouTube

f:id:nomyg:20220112212010j:plain

白菜(など)の塩炒め

結果は。。。ちょっと残念なものになってしまいました。^^
炒め過ぎたのか、何か手順が抜けたのか、そもそも炒めた後に茹でるのは無理があったのか。でも手本では美味そうに出来てたもんなあ。
せっかく炒める時に入れた塩が茹でた時に全部落ちてしまうので、味がほぼ付いていません。舌がバカで素材の味が分からない^^

でも、一緒に出した豚の焼き肉丼(豚肉とタマネギを焼き肉のタレで炒めただけ)が味濃いめだったので、合わせて頂くと丁度良い感じになりました。
しかも、食べ慣れて来ると案外と白菜の味が分かってきたりして。

おかげで、意外に沢山の白菜を消費することが出来ました。
これぞ怪我の功名とな。

f:id:nomyg:20220112212214j:plain

焼き肉丼と合わせる

♪今日のBGM
YYZ / Rush

Rush - YYZ Live (Rio) - YouTube

 

 

今年の冬は寒いかも

ここ何年か暖冬が続いていた気がしますが、今年の冬はシッカリ寒い気がします。

西側の空が寒々しい。雪雲がシッカリいる感じです。
朝方の最低気温はマイナス3度とかまで落ちるし、晴れているのに気温も一桁だったりします。
でも聞くと、やはり今年も暖冬になるのだそうですね。ホントかな。

昨年に全てのサッシに隙間テープで隙間風対策をしたのと、年末にエアコンのクリーニングをしたおかげで、今年の冬は比較的暖かで快適に過ごせています。

f:id:nomyg:20211230222446j:plain

寒々しい冬の空

物凄い西風がビュービュー吹いて洗濯物が飛んで行きそうになるので、ベランダに防風ネットを設置しました。
面積はほんのちょっとですが、これでも十分効果がある気がします。
もうすぐ、1月後半からマンションの大規模修繕が始まるので、このベランダ一面に足場やネットが張られます。

f:id:nomyg:20211230222606j:plain

防風ネット

♪今日のBGM
Don't Let Him Go / REO Speedwagon

REO Speedwagon - Don't Let Him Go (1981) (Music Video) WIDESCREEN 720p - YouTube

 

 

外車に乗るときに知っておくべきこと

そんなにクルマに詳しいわけでもないのですが、クルマ歴35年の実体験を書いてみようと思います。

ここ10年ほどはBMWのX3に、その前にも3年ほどDodge RAMバンを改装したキャンピングカーに乗っていたことがあります。
外国車はこの2台で、その他は国産ファミリーカーを6台乗り替えました。X3の前はステップワゴンに10年以上乗ってました。

そこで、国産車と外国車の違いなど、色々と分かったこと、思い知ったことなどを、備忘録を兼ねて経験をメモをしておこうと思います。

f:id:nomyg:20211103214839j:plain

10年乗ったX3は免許取り立ての息子の練習車になっています

まず第一に、外国産車は何だかんだでやっぱりコストがかかります。
とにかく、なにかとカネがかかります。そこらへんは厳然たる事実だと思います。

ただし、新車や認定中古車などの年式が新しい外国車は、保証が充実しているので実はそんなに金はかからないです。
保証期間内であれば、消耗品以外の故障は部品費用も整備費用もほとんどかかりません。プランによっては車検や定期点検も無料でやってもらえます。
なので、新車や高年式の外車は、購入価格以外の維持費用は国産の新車とほとんど変わらないと思います。

問題は、3年なり5年の保証が切れてから。年式が経過したクルマを購入した場合。クルマが古くなってきてから。
ここは覚悟を持って乗らないといけません。

まず、外車は部品代が高いです。消耗品も高い。整備費用もけっこう高い。
私は安心を買うために、購入もディーラー認定中古車だったし、整備や車検も全てディーラーでやっていました。
BMWの場合、体感で国産の1.5倍くらいの感じですかね。メルセデスはさらに高いと聞いたことがあります。

それから、故障したり整備点検で異常が見つかって直すとなると、基本的に修理はASSY交換となります。
つまり、周辺ブロックの部品を丸ごと交換となります。故障部分だけ分解して修理などはして貰えません。ほぼ。

例えば私がこれまでかかった費用でいくと、テールランプのユニットが約5万円、ロアアーム15万円、ショックアブソーバ20万円、オルタネータ20万円、という感じ。
そして、そういう細かいところほどよく壊れる(笑)

まあ、オークションなどで部品を入手して自分で直したり、安く修理をしてくれる専門店などと付き合いが出来れば、このあたりはだいぶクリア出来ます。
ただし、店選びは非常に難しいでしょうけどね。カネと安心とのトレードオフになると思います。

故障しやすさとか消耗品の交換頻度はたぶん国産と変わりません。キチンと整備して消耗品を交換していれば、クルマ自体の耐久性は国産と変わらないです。
部品代や整備代が高いぶんカネがかかる感じだと思います。

f:id:nomyg:20220110225623j:plain

ディーラーは居心地が良いのですが

それから気になったのは、ブレーキは凄く良く効くのですが、主にフロントのブレーキダストが凄いです。ホイールが常に真っ黒。掃除が凄く大変です。
ローターとパッドが同時に削れるので、交換時にはローターも交換となります。
なので、交換時にDIXCELなど社外の省ダストパーツを入れた方が良いです。ブレーキの効きはそんなに変わりませんし。

そういうメーカーや車種ごとのノウハウがあるようです。

あと、意外に盲点かもしれませんが、ガソリン車は基本的にはハイオク仕様になります。燃料代がリッター当たり10円は高くなるということ。
そして、総じて同じサイズの国産車より重量があるクルマが多く、市街地での燃費は国産より若干悪いと思った方が良いです。たぶん。

ただし、高速を走る機会が多い人や、郊外を走ることが多い人であれば、この点はまったく問題になりません。逆に国産より良いことも多いです。
これはギア比などの絡みがあると思います。ドイツ車は明らかに高速走行向きのセッティングです。アメ車はそうでもなかったかな。

f:id:nomyg:20220110230318j:plain

車検時の代車はBMWの最新型を借りられます

カネはかかる一方で、それを補って余りある魅力は確かにあります。

日本車は確かに軽量で高機能で高品質ですが、良くも悪くも無難な感じがします。
例えばドイツ車は、確かにガッチリしてて高品質というか、頑強というか、重厚というか、そもそも使っている鉄板の厚さとかが全然違う感じ。その分重たいのですが。

あとは、車高が高いのにカーブで全くロールしないとか、シートが大きくて快適とか、100km/h巡行時のトルクが分厚くて高速道路を数百キロノンストップで走っても全然疲れないとか、信じられないくらいブレーキがよく効くとか、車内でクラシック音楽を聴きながら走れるほど静かとか。
フィーリングが合えば、確かに国産車とは違う「運転が楽しい」感じとか、快適さを感じられます。

あと、デザインが一貫していて、旧型でも古さを感じにくいというのもあります。
私の2007年式の15年前のX3でも、基本的なデザインは現行型に踏襲されていて、綺麗に洗車していればカッコ良さは現行型に引けを取らないように思います。

f:id:nomyg:20220110233432j:plain

とはいえ最新型(代車)はカッコいいのだけど

ここらへんを天秤にかけて、どこまで許せるか、どっちを取るか、ですね。

現役世代でそれなりに財力がある、クルマに金をかける覚悟がある、クルマ好き、新車に乗りたい、ということであれば、全然問題無い。
保証などのことを考えると、3~5年で新型に乗り換えながら乗るのが良い気がします。年次改良モデルや、クラスや車種を乗り換えて行く感じが良いと思います。
まあこれは、国産車でも同様なのかもしれません。

一方で、運転があまり好きではなかったり、燃費のことばかりが気になったり、整備費用をケチったり、クルマに大して愛着を持てなかったりする人は駄目かも。
ちょっと見栄を張りたいだけだったら、外車はやめておいた方が良いです。
間違っても中途半端に旧型のBMWメルセデスなんか買わない方が良いです。早々に厳しくなると思います。

f:id:nomyg:20220110234246j:plain

買って良かった

わたしは実際に10年ほどこのX3に乗っていて、まったく後悔はありません。
パラグライダーの大会遠征で北陸や東北などへ長距離移動したりしたして、走行距離は12万キロを超えました。
運転は楽しかったし、機能は満足出来たし、形は気に入っていたし、ささやかなハイブランド所有欲も満たせたし、存分に楽しめたように思います。

そこそこカネはかかりましたが、この期間はそこそこ収入もあったので、無理せずに楽しめたのが良かった。
そういう時期に、無理せず乗るのが良いように思います。

 

それで。

もうすぐ定年を迎える私は、先日書いたように、次は国産車にしました。
保証とカネと諸々を検討した結果、年次改良前の店頭在庫の新車となりました。

f:id:nomyg:20220111000731j:plain

次は国産車

運転出来なくなるまでに、あと何台のクルマに乗れるかな。そう考えて、今のところ5年を目処にしようと考えています。
年間30万円ほどで車両本体を償却出来る程度に下取りしてもらって、次に乗り換えよう、という計算です。
ちょっと贅沢な気もしますがが、これくらいの余生の楽しみがあっても良いのかな、と。いずれにせよクルマはそれくらいの年間コストがかかりますからね。

♪今日のBGM
Born This Way / Lady GaGa

Lady Gaga - Born This Way (Official Music Video) - YouTube